アクセス・フィリピン - インデックス

フィリピンへの入国制限と入国後の行動制限

新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、世界各国・地域で入国・入域制限、入国後の行動制限措置が行われています。
また、旅行需要の低下から、各航空会社のフライトが欠航・減便・運休しています。必ず航空会社のサイトなどでご確認下さい。

フィリピン政府は新型コロナウイルス感染拡大の水際対策として、2020年3月より全ての在外公館で新規のビザ(査証)発給を停止しています。また、日本を含む査証免除対象国からの入国も停止しています。

フィリピン政府は2020年12月30日~2021年1月15日までの期間、新型コロナウイルス変異株が確認されている日本を含む国・地域からの外国人の入国を禁止しています。
※変異種確認32カ国: 日本、英国、デンマーク、アイルランド、オーストラリア、イスラエル、オランダ、香港特別行政区を含む中国、スイス、フランス、ドイツ、アイスランド、イタリア、レバノン、シンガポール、スウェーデン、韓国、南アフリカ、カナダ、スペイン、米国、ポルトガル、インド、フィンランド、ノールウェー、ヨルダン、ブラジル、オーストリア、パキスタン、ジャマイカ、ルクセンブルク、オマーン。

フィリピン政府は、2021年2月1日よりフィリピンに到着するすべての者に指定の検疫施設(ホテル)での待機を求めています。また、到着日を1日目と起算して6日目に待機施設にてPCR検査が実施されます(PCR検査は有料)。

また、フィリピン入国に際しては、所定の医療申告用紙の電子フォームによる登録を義務付けています(出発の3日前より申請可能)。

※新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響は日々刻々と変化しています。日本外務省の公式サイトに、世界各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況、日本を含む感染確認国・地域からの入国・入域制限が行われている国・地域のリストが随時、更新されています。
また、在日本 フィリピン大使館、在フィリピン 日本国大使館の公式サイト等でも最新情報ご確認下さい。

フィリピン関連ニュース

フィリピン関連の動画情報

アクセス・フィリピン更新情報