2019年フィリピンの休日/祝祭日

2019年フィリピンの祝日事情

フィリピンの国全体の祝日には、一般祝祭日(Regular Holiday)と、特別祝祭日(Special Non-Working Day)という2種類の祝日があります。

フィリピン大統領府は、例年夏に翌年の祝日を正式に発表しています。曜日の関係から連休を作る配慮も含めて、どの日が祝日となるのか、毎年、多少の変動があります。

2019年の祝日は、2018年8月15日に正式に発表されています。

※参照 大統領布告: Proclamation No. 555, s. 2018

なお、イスラム教の宗教的な祝祭日であるイスラム断食明け祭 (ラマダン / Eid Ul Fitr)とメッカ巡礼祭(Eidul Adha)は、例年、ムスリム・フィリピン国家委員会(NCMF: National Commission on Muslim Filipinos ) が日付をフィリピン大統領に知らせるという形を取っています。毎年、直前に決まることが多いです。

これらの国の祝日以外にもセブならセブでの祝日といった具合に地方ごとに定められている祝日/休日があります。

2019年の一般祝日 - Regular Holiday

  • 2019年1月1日(火)元旦(New Year’s Day)
  • 2019年4月9日(火)勇者の日(Araw ng Kagitingan)
  • 2019年4月18日(木)聖木曜日(Maundy Thursday)
  • 2019年4月19日(金)聖金曜日(Good Friday)
  • 2019年5月1日(水)レイバーデー(Labor Day)
  • 2019年6月12日(水)独立記念日(Independence Day)
  • 2019年8月26日(月)英雄の日(National Heroes Day)
  • 2019年11月30日(土)ボニファシオ・デー(Bonifacio Day)
  • 2019年12月25日(水)クリスマス(Christmas Day)
  • 2019年12月30日(月)リザール・デー(Rizal Day)

2019年の特別祝日 - Special Non-Working Day

  • 2019年2月5日(火)チャイニーズ・ニュー・イヤー / 旧正月(Chinese New Year)
  • 2019年2月25日(月)エドサ革命記念日(EDSA People Power Revolution Anniversary)
  • 2019年4月20日(土)聖土曜日(Black Saturday)
  • 2019年8月21日(水)ニノイ・アキノ記念日(Ninoy Aquino Day)
  • 2019年11月1日(金)万聖節(諸聖人の日 / All Saint's Day)
  • 2019年11月2日(土)死者の記念日(All Souls Day)
  • 2019年12月8日(日)聖母マリア祭(聖母受胎祭 / Feast of the Immaculate Conception of Mary)
  • 2019年12月24日(火)クリスマス・イブ(Christmas Eve)
  • 2019年12月31日(火)大晦日(New Year's Eve)

2019年フィリピンの祝日 / 休日 / 記念日のまとめ

以下、2019年フィリピンの祝日 / 休日、キリスト教の祭日、様々な記念日をまとめてみました。

※赤字が国が定めたフィリピン全土の祝日です。
※オレンジが地方都市の祝日です。

2019年1月の祝祭日/記念日

2019年1月1日(火)元旦 / Hew year day / Araw ng Bagong Taon
ショッピング・モールやショップは、通常、お昼ごろから営業を開始しているようです。
2019年1月6日(日)三賢者祭り(Feast of the Three Kings / Araw ng tatlong har)
東方の三博士が幼子イエスを訪れ、礼拝したことを記念するキリスト教の祭日です。「公現祭」「主顕節」とも呼ばれます。フィリピンでは、三賢者祭りまで「パロール」(Parol)などクリスマスの飾り付けが飾られ、クリスマス気分が続きます。ルソン島のラグナ州マビタック(Mabitac)では、コインやキャンディを投げて祝うことで有名です。

2019年2月の祝祭日/記念日

2019年2月5日(火)チャイニーズ・ニュー・イヤー / 旧正月 / Chinese New Year / Araw ng Bagong Taon ng mga Tsino
旧暦のお正月、いわゆる春節はフィリピンでも2012年から特別祝日(Special Non-Working Day)となっています。マニラのキアポ周辺チャイナタウンなど華人が多い所では、旧正月を祝う光景を目にすることができます。また近くのリサール公園ではドラゴンダンスもあるようです。
2019年2月11日(月)エベリオ・ジャヴィア・デイ / Evelio Javier Day
パナイ島のイロイロ州、アンティーク州、カピズ州、アクラン州の州知事を務めたフィリピンの政治家エベリオ・ジャヴィア(1942年10月14日~1986年2月11日)が、1986年2月のエドサ革命前に暗殺されたことを追悼する日です。
祝日となる地方:パナイ島全域(イロイロ州、アンティーク州、カピズ州、アクラン州)
2019年2月14日(木)バレンタインデー / St. Valentine's day
バレンタインデーは、もともと269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日ですが、世界各地で男女の愛の誓いの日となっています。さてフィリピンでは・・・愛が燃え盛る熱い熱い日となっています! レストランはどこも満席。マニラでは、年間を通じてもっとも交通渋滞が酷い日かも知れません。
2019年2月25日(月)エドサ革命記念日(People Power Anniversary / Araw ng People Power (Lakas ng Bayan)
1986年2月25日、ピープルズ・パワーによってフェルディナンド・マルコスの退陣・亡命、コラソン・アキノの大統領就任へと至る「エドゥサ革命」の記念日です。
2019年2月24日(日)セブ市憲章記念日 / Cebu City Charter Day
2019年にセブ市憲章記念82週年を迎える祝日です。
祝日となる地方:セブ市

2019年3月の祝祭日/記念日

2019年3月6日(水)灰の水曜日 / Ash Wednesday
カトリックの典礼暦年四旬節の初日(復活祭の46日前)に当たる日で、教会では特別のミサが行われます。前年の復活祭の1週間前に使われた棗椰子(なつめやし)や棕櫚(しゅろ)の枝を燃やした灰を額に十字架の形に塗るという塗布式があります。自らが灰・ちりのような価値のない者である事を思いおこし、主の御前に深くへりくだるという意味があるそうです。
2019年3月16日(土)ダバオ市創立記念日 / Davao City Charter Day
ダバオ市の創立記念日です。
祝日となる地方:ダバオ市
2019年3月21日(木)春分の日 / Spring Equinox Day

2019年4月の祝祭日/記念日

2019年4月9日(火)勇者の日 / Bataan and Corregidor Day / Day of Valour / Araw ng Kagitingan
もともと第二対戦中の1942年4月9日、日本軍がバターン半島を陥落したことを記念する祝日となっています。
2019年4月18日(木)聖木曜日 / Maundy Thursday / Huwebes Santo
復活祭前の木曜日にあたる日です。カトリックでは復活祭前の一週間は特別な期間となっていますが、中でも聖金曜日からの三日間は特に尊重され、特別な典礼や礼拝が行われます。キリストの受難を描いた長編叙事詩「パッション」を詠唱するカトリック教徒の行事「パバーサ」も各地で行われます。日曜日まで連休状態となります。通常、お店やショッピング・モールもお休みとなるため、この期間に旅行する方は注意が必要です。
2019年4月19日(金)聖金曜日 / Good Friday / Biyernes Santo
復活祭の前の金曜日にあたり、「受難日」「受苦日」とも呼ばれます。イエス・キリストの受難と死を記念する日で、福音書の記述をもとにイエスの受難を思い起こす特別な典礼や祈りが行われます。カトリック教会では聖金曜日に断食を行う習慣があるそうです。
2019年4月20日(土)聖土曜日 / Black Saturday / Linggo ng Pagkabuhay
復活祭(Easter Sunday)の前日の土曜日は、キリスト教世界でHoly Saturdayとも呼ばれる日で、特別に祝日となります。カトリック教会では、ふだんかけられている祭壇布などが取り払われ、イエスが眠りについていることをあらわす習慣があります。
2019年4月21日(日)復活祭 / Easter Sunday / Linggo ng Pagkabuhay
十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に蘇ったことを記念する復活祭は、キリスト教の典礼暦における最重要の日です。英語では「Easter」(イースター)と言われています。復活祭は、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に祝うため、年によって日付が変わる移動祝日です。フィリピンでは、人が十字架に張り付けになった光景を目にすることができます。

2019年5月の祝祭日/記念日

2019年5月1日(水)レイバーデー(勤労感謝の日) / Labor Day / Araw ng Manggagawa
毎年5月1日は、世界各地で春の訪れを祝う日、あるいは労働者による祭典が開かれます。フィリピンでも国の祝日となります。
2019年5月12日(日)母の日 / Mother's Day
フィリピンでは、日本と同じく5月の第二日曜日が母の日となっています。家族揃ってケーキを食べたり、食事をしたりして祝う家庭もあります。
2019年5月30日(木)キリスト昇天祭 / Jeudi de l'Ascension
復活祭から数えて6回目の日曜日後の木曜日にキリストが昇天したことを祝う日です。他のキリスト教国家では祝日となっている国も多くありますが、フィリピンでは国が定めた祝日とはなっていません。キリスト教の典礼暦の中では最も大きな祝いの一つで、教派を超えて広範に祝われます。

2019年6月の祝祭日/記念日

2019年6月5日(水)・6日(木)イスラム断食明け祭 / Eid Ul Fitr / Eidul Fitr / Wakas ng Ramadan
イスラム教最大のお祭り。イスラム世界ではイード・アル=フィトルと呼ばれ、イスラムのヒジュラ暦第10月1日・2日に断食(ラマダン)を終えたことを盛大に祝う日です。イスラム世界では2019年6月5日(水)・6日(木)頃に祝いますが、フィリピンでは日付が変わる可能性もあります。
2019年6月9日(日)聖霊降臨祭 / Pentecote
復活祭から7週間目の日曜日、イエスの復活・昇天後に祈っていた120人の信徒たちの上に神からの聖霊が降ったことを記念する日です。日本では五旬節、五旬祭とも呼ばれています。
2019年6月12日(水)独立記念日 / Independence Day / Araw ng Kalayaan
1898年6月12日、カビテ州カウィットにあるアギナルドの生家でアギナルドがフィリピンの独立を宣言したことに因んだフィリピン独立記念日です。因みに1963年までは7月4日をフィリピンの独立記念日としていました。
2019年6月16日(日)父の日 / Father's Day
日本と同様、フィリピンでも6月の第三日曜日が父の日となっています。父君を囲んで食事を取るのが一般的な祝い方のようです。
2019年6月24日(月)マニラ・デー(マニラ創立記念日) / Manila Foundation Day
マニラ創立記念日。スペイン植民地時代の1571年6月24日、マニラがフィリピン最初の自治体として制定。2019年で448周年を迎えます。様々な記念行事が催されます。
祝日となる地方:マニラ市
2019年6月30日(日)フィリピン・スペイン友好記念日 / Filipino-Spanish Friendship Day
フィリピンとスペインとの繋がりの記念日です。フィリピン最初の大統領エミリオ・アギナルド将軍が、現在はサーフィンのメッカとして知られるルソン島バレル(Baler)の教会に包囲したスペイン軍兵士を友好的に取り扱ったことに由来して、2003年6月30日に制定されました。

2019年7月の祝祭日/記念日

2019年7月4日(木)フィリピン・アメリカ友好記念日 / Filipino-American Friendship Day
以前は、1946年7月4日にフィリピン共和国がアメリカから独立した「独立記念日」でしたが、1964年からは6月12日が「独立記念日」となり、7月4日はフィリピン・アメリカ友好記念日となっています。

2019年8月の祝祭日/記念日

2019年8月6日(月)セブ州創立記念日 / Cebu Provincial Charter Day
セブ州の創立を祝うセブ州の祝日です。2019年で創立448周年を迎えます。
祝日となる地方:セブ州(セブ市、ラプラプ、ダナオ、トレド)
2019年8月11日(日)メッカ巡礼祭 / Eidul Adha / Araw ng Pag-alay
イスラム教の宗教的な祝日です。イスラム世界でイード・アル=アドハー / Eid Al-Adhaと呼ばれ、ヒジュラ暦の12月10日からメッカに向かって歩く巡礼の時です。日本では犠牲祭とも呼ばれています。イスラム世界では2019年8月11日(日 )に祝いますが、フィリピンでは日付が変わる可能性もあります。
2019年8月21日(水)ニノイ・アキノ・デー / Ninoy Aquino Day / Araw ng Kabayanihan ni Ninoy Aquino
1983年8月21日、ニノイ・アキノ氏(Benigno S. "Ninoy" Aquino, Jr.)が、3年に及んだアメリカ亡命生活からフィリピンに帰国しようとした際、マニラ空港で射殺されたことを悼む日です。特別に祝日となります。
2019年8月26日(月)英雄の日 / National Heroe's Day / Araw ng mga Bayani
フィリピン独立に寄与した英雄たちを称える祝日です。8月の最後の月曜日となっているため、毎年、日付が変わります。

2019年9月の祝祭日/記念日

2019年9月1日(日)バギオ・デー / Baguio Charter Day
110周年を迎えるバギオ市創立記念日。前後してバギオ市では様々なイベントが開催されます。
祝日となる地方:バギオ市
2019年9月9日(月)オスメニア・デー(オスメニア記念日) / Osmena Day
セブ出身の政治家で、第4代フィリピン大統領となったセルジオ・オスメニア(Sergio Osmena y Suico / 1878年9月9日~1961年10月19日)の生誕を祝うセブの祝日です。
祝日となる地方:セブ州
2019年9月23日(月)秋分の日 / Autumnal Equinox Day

2019年10月の祝祭日/記念日

2019年10月19日(土)バコロド市憲章記念日 / Bacolod City Charter Day
バコロド市憲章記念日。以前は年6月18日でしたが、2016年から10月19日に変わっています。バコロド市の祝日。
祝日となる地方:バコロド市
2019年10月31日(木)ハロウィン / Halloween
ハロウィンは、カトリックの万聖節(諸聖人の日)の前の晩に行われるキリスト教圏の伝統行事です。もちろんフィリピンでも、仮装した人々を沢山、見かけることができます。フィリピンでも日本のアニメは非常に人気があるので、人気アニメの仮装、コスプレなどを目にすることも!

2019年11月の祝祭日/記念日

2019年11月1日(金)万聖節(諸聖人の日 / All Saint's Day / Todos los Santos
キリスト教で全ての聖人と殉教者を記念する日で、日本では「万聖節」とも言われています。翌日の「死者の記念日」と合わせて、ちょうど日本のお盆のように「お墓参りの日」となっています。 そのため首都メトロ・マニラから地方へ帰省ラッシュが繰り広げられます。 この期間、フィリピンを旅行される方は移動に注意が必要です。特別に祝日扱いとなります。
2019年11月2日(土)死者の記念日 / All Souls Day / Araw ng mga Patay
万聖節の翌日、カトリックでは、すべての死者の魂を悼む日となっています。2019年は特別に国の祝日となっています。
2019年11月5日(火)ネグロス・デ- / Negros Day
1989年のフィリピン革命の中、1898年11月5日に、ネグロス島民が立ち上がり、ネグロス・オクシデンタルにおけるスペイン支配が終わりを告げた「ネグロス革命」を祝う祝日です。
祝日となる地方:西ネグロス州(Negros Occidental)
2019年11月30日(土)ボニファシオ・デー(ボニファショ誕生記念日) / Bonifacio Day / Araw ni Andres Bonifacio
1892年にフィリピンの革命と独立を目指した政治組織「カティプナン」(Katipunan)を創設たフィリピン独立の英雄の一人、アンドレス・ボニファシオ(1863年11月30日~1897年5月10日)の生誕を祝う日です。

2019年12月の祝祭日/記念日

2019年12月8日(日)聖母マリア祭(聖母受胎祭) / Feast of the Immaculate Conception of Mary
聖母マリアが主イエスを身籠ったとされる日。日本では「無原罪の御宿りの日」とも呼ばれ、世界中のカトリック教国で祝日となっていますが、フィリピンでも新たに特別に祝日となっています。
2019年12月11日(水)パンパンガ・デー / Pampanga Day
ルソン島中部にあるパンパンガ州の創立記念日です。1571年に創立されたパンパンガ州はフィリピンでも最も古い歴史を持つ州の一つです。
祝日となる地方:パンパンガ州
2019年12月16日(月)~2019年1月6日(月)クリスマス・シーズン / Christmas Season
フィリピンでは「berが付けばクリスマス・シーズン」とよく言われます。 つまり、September(9月)からという意味です。いくらなんでも早すぎでは?と思いますが、9月からクリスマス・ソングが解禁となり、街ではクリスマス・ソングが流れ始め、クリスマスの到来を心待ちにするようになります。 さて、実際のクリスマス・シーズンは12月16日(月)から12月24日(火)までの9日間です。この期間は「雄鶏のミサ」(Misa de Gallo / Simbang Gabi)と呼ばれる特別な早朝ミサが始まります。 そして、年が明けても2019年1月6日(月)の三賢者祭り(Feast of the Three Kings)までクリスマスの雰囲気が続きます!
2019年12月18日(水)ロペス・ジャエナ・デー / Lopez Jaena Day
ホセ・リサールらと共にスペインの植民地支配に抵抗する文筆活動などを行ったナショナル・ヒーローの一人、イロイロ市出身のロペス・ジャエナ(1856年12月18日~1896年1月20日)の生誕を祝う祝日です。
祝日となる地方:イロイロ州
2019年12月24日(火)クリスマス・イブ / Christmas Eve / Araw ng Pasko / Notsebuwena
クリスマス・イブは、多くの信者が教会に詰め掛け、25日午前0時はイエスの降誕を祝う「贈り物のミサ」が行われ、クリスマスのクライマックスを迎えます。
2019年12月25日(水)クリスマス / Christmas / Araw ng Pasko / Notsebuwena
フィリピン最大の祭日といえば、やはりこのクリスマス!!!
2019年12月30日(月)リサール記念日 / Rizal Day / Araw ni Jose Rizal
フィリピン独立の英雄、ホセ・リサール(1861年6月19日~1896年12月30日)がスペイン官憲の手により、「暴動の扇動容疑」で1896年12月30日に銃殺刑にされたことを悼む日です。マニラ湾を見渡すことができる処刑地は、現在、リサール公園(ルネタ公園)となっています。
2019年12月31日(火)大晦日 / New Year's Eve / Bisperas ng Bagong Tao
大晦日も特別に祝日扱いとなります。クリスチャンは家族揃って「Midnight Mass」と呼ばれる特別なミサに出て、新年を家族、親戚が集っている家庭で迎えるのが一般的です。街では花火や爆竹の音が派手に鳴り響きわたります。大量の花火や爆竹で邪気を払う意味があるそうですが、毎年、手の指などを吹き飛ばしてしまい、病院に担ぎこまれる人が後を絶ちません。気をつけたいですね!

2018年フィリピンの祝日事情

フィリピンの国全体の祝日には、一般祝祭日(Regular Holiday)と、特別祝祭日(Special Non-Working Day)という2種類の祝日があります。

フィリピン大統領府は、例年夏頃に翌年の祝日を正式に発表しています。曜日の関係から連休を作る配慮も含めて、どの日が祝日となるのか、毎年、多少の変動があります。

2018年の祝日は、2017年7月17日に発表されています。

※参照 大統領布告: Proclamation No. 269, s. 2017

なお、イスラム教の宗教的な祝祭日であるイスラム断食明け祭 (ラマダン / Eid Ul Fitr)とメッカ巡礼祭(Eidul Adha)は、例年、ムスリム・フィリピン国家委員会(NCMF: National Commission on Muslim Filipinos ) が、日付をフィリピン大統領に知らせるという形を取っています。毎年、直前に決まることが多いです。

また、これらの国の祝日以外にも、セブならセブでの祝日といった具合に地方ごとに定められている祝日/休日があります。

2018年の一般祝日 - Regular Holiday

  • 2018年1月1日(月)元旦(New Year’s Day)
  • 2018年3月29日(木)聖木曜日(Maundy Thursday)
  • 2018年3月30日(金)聖金曜日(Good Friday)
  • 2018年4月9日(月)勇者の日(Araw ng Kagitingan)
  • 2018年5月1日(火)レイバーデー(Labor Day)
  • 2018年6月12日(火)独立記念日(Independence Day)
  • 2018年8月28日(月)英雄の日(National Heroes Day)
  • 2018年11月30日(金)ボニファシオ・デー( Bonifacio Day)
  • 2018年12月25日(火)クリスマス(Christmas Day)
  • 2018年12月30日(日)リザール・デー(Rizal Day)

2018年の特別祝日 - Special Non-Working Day

  • 2018年2月16日(金)チャイニーズ・ニュー・イヤー / 旧正月(Chinese New Year)
  • 2018年2月25日(日)エドサ革命記念日(EDSA People Power Revolution Anniversary)
  • 2018年3月31日(土)聖土曜日(Black Saturday)
  • 2018年8月21日(木)ニノイ・アキノ記念日(Ninoy Aquino Day)
  • 2018年11月1日(木)万聖節(諸聖人の日 / All Saint's Day)
  • 2018年11月2日(金)死者の記念日 (All Souls Day)
  • 2018年12月24日(月)クリスマス・イブ(Christmas Eve)

2018年フィリピンの祝日 / 休日 / 記念日のまとめ

以下、2018年フィリピンの祝日 / 休日、キリスト教の祭日、様々な記念日をまとめてみました。

※赤字が国が定めたフィリピン全土の祝日です。
※オレンジが地方都市の祝日です。

2018年1月の祝祭日/記念日

2018年1月1日(月)元旦 / Hew year day / Araw ng Bagong Taon
ショッピング・モールやお店は、通常、お昼ごろから営業を開始しているようです。
2018年1月6日(土)三賢者祭り(Feast of the Three Kings / Araw ng tatlong har)
東方の三博士が幼子イエスを訪れ、礼拝したことを記念するキリスト教の祭日です。「公現祭」「主顕節」とも呼ばれます。フィリピンでは、三賢者祭りまで「パロール」(Parol)などクリスマスの飾り付けが飾られ、クリスマス気分が続きます。

2018年2月の祝祭日/記念日

2018年2月11日(日)エベリオ・ジャヴィア・デイ / Evelio Javier Day
パナイ島のイロイロ州、アンティーク州、カピズ州、アクラン州の州知事を務めたフィリピンの政治家エベリオ・ジャヴィア(1942年10月14日~1986年2月11日)が、1986年2月のエドサ革命前に暗殺されたことを追悼する日です。
祝日となる地方:パナイ島全域(イロイロ州、アンティーク州、カピズ州、アクラン州)
2018年2月14日(水)灰の水曜日 / Ash Wednesday
カトリックの典礼暦年四旬節の初日(復活祭の46日前)に当たる日で、教会では特別のミサが行われます。前年の復活祭の1週間前に使われた棗椰子(なつめやし)や棕櫚(しゅろ)の枝を燃やした灰を額に十字架の形に塗るという塗布式があります。自らが灰・ちりのような価値のない者である事を思いおこし、主の御前に深くへりくだるという意味があるそうです。
2018年2月14日(水)バレンタインデー / St. Valentine's day
バレンタインデーは、もともと269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日ですが、世界各地で男女の愛の誓いの日となっています。さてフィリピンでは・・・愛が燃え盛る熱い熱い日となっています! レストランはどこも満席。マニラでは、年間を通じてもっとも交通渋滞が酷い日かも知れません。
2018年2月16日(金)チャイニーズ・ニュー・イヤー / 旧正月 / Chinese New Year / Araw ng Bagong Taon ng mga Tsino
旧暦のお正月、いわゆる春節はフィリピンでも2012年から特別祝日(Special Non-Working Day)となっています。マニラのキアポ周辺チャイナタウンなど華人が多い所では、旧正月を祝う光景を目にすることができます。また近くのリサール公園ではドラゴンダンスもあるようです。
2018年2月24日(土)セブ市憲章記念日 / Cebu City Charter Day
2018年にセブ市憲章記念81週年を迎える祝日です。
祝日となる地方:セブ市
2018年2月25日(日)エドサ革命記念日(People Power Anniversary / Araw ng People Power (Lakas ng Bayan)
1986年2月25日、ピープルズ・パワーによってフェルディナンド・マルコスの退陣・亡命、コラソン・アキノの大統領就任へと至る「エドゥサ革命」の記念日です。

2018年3月の祝祭日/記念日

2018年3月16日(金)ダバオ市創立記念日 / Davao City Charter Day
ダバオ市の創立記念日です。
祝日となる地方:ダバオ市
2018年3月21日(水)春分の日 / Spring Equinox Day
2018年3月29日(木)聖木曜日 / Maundy Thursday / Huwebes Santo
復活祭前の木曜日にあたる日です。カトリックでは復活祭前の一週間は特別な期間となっていますが、中でも聖金曜日からの三日間は特に尊重され、特別な典礼や礼拝が行われます。キリストの受難を描いた長編叙事詩「パッション」を詠唱するカトリック教徒の行事「パバーサ」も各地で行われます。日曜日まで連休状態となります。通常、お店やショッピング・モールもお休みとなるため、この期間に旅行する方は注意が必要です。
2018年3月30日(金)聖金曜日 / Good Friday / Biyernes Santo
復活祭の前の金曜日にあたり、「受難日」「受苦日」とも呼ばれます。イエス・キリストの受難と死を記念する日で、福音書の記述をもとにイエスの受難を思い起こす特別な典礼や祈りが行われます。カトリック教会では聖金曜日に断食を行う習慣があるそうです。
2018年3月31日(土)聖土曜日 / Black Saturday / Linggo ng Pagkabuhay
復活祭(Easter Sunday)の前日の土曜日は、キリスト教世界でHoly Saturdayとも呼ばれる日で、特別に祝日となります。カトリック教会では、ふだんかけられている祭壇布などが取り払われ、イエスが眠りについていることをあらわす習慣があります。

2018年4月の祝祭日/記念日

2018年4月1日(日)復活祭 / Easter Sunday / Linggo ng Pagkabuhay
十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する復活祭は、キリスト教の典礼暦における最重要の日です。英語では「Easter」(イースター)と言われています。復活祭は、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に祝うため、年によって日付が変わる移動祝日です。フィリピンでは、人が十字架に張り付けになった光景を目にすることができます。
2018年4月9日(月)勇者の日 / Bataan and Corregidor Day / Day of Valour / Araw ng Kagitingan
第二対戦中の1942年4月9日、日本軍がバターン半島を陥落したことを記念する祝日となっています。

2018年5月の祝祭日/記念日

2018年5月1日(火)レイバーデー(勤労感謝の日) / Labor Day / Araw ng Manggagawa
毎年5月1日は、世界各地で春の訪れを祝う日、あるいは労働者による祭典が開かれます。フィリピンでも国の祝日となります。
2018年5月13日(日)母の日 / Mother's Day
フィリピンでは、日本と同じく5月の第二日曜日が母の日となっています。家族揃ってケーキを食べたり、食事をしたりして祝う習慣があります。
2018年5月10日(木)キリスト昇天祭 / Jeudi de l'Ascension
復活祭から数えて6回目の日曜日後の木曜日にキリストが昇天したことを祝う日です。他のキリスト教国家では祝日となっている国も多くありますが、フィリピンでは国が定めた祝日とはなっていませんが、キリスト教の典礼暦の中では最も大きな祝いの一つで、教派を超えて広範に祝われます。
2018年5月20日(日)聖霊降臨祭 / Pentecote
復活祭から7週間目の日曜日、イエスの復活・昇天後に祈っていた120人の信徒たちの上に神からの聖霊が降ったことを記念する日です。日本では五旬節、五旬祭とも呼ばれています。

2018年6月の祝祭日/記念日

2018年6月12日(火)独立記念日 / Independence Day / Araw ng Kalayaan
1898年6月12日、カビテ州カウィットにあるアギナルドの生家でアギナルドがフィリピンの独立を宣言したことに因んだフィリピン独立記念日です。 ちなみに1963年までは7月4日をフィリピンの独立記念日としていました。
2018年6月15日(金)・16日(土)イスラム断食明け祭 / Eid Ul Fitr / Eidul Fitr / Wakas ng Ramadan
イスラム教最大のお祭り。イスラム世界ではイード・アル=フィトルと呼ばれ、イスラムのヒジュラ暦第10月1日・2日に断食(ラマダン)を終えたことを盛大に祝う日です。イスラム世界では2018年6月15日(金)・16日(土)に祝いますが、フィリピンでは日付が変わる可能性もあります。
2018年6月17日(日)父の日 / Father's Day
日本と同様、フィリピンでも6月の第三日曜日が父の日となっています。父君を囲んで食事を取るのが一般的な祝い方のようです。
2018年6月24日(日)マニラ・デー / Manila Foundation Day
マニラ創立記念日。スペイン植民地時代の1571年6月24日、マニラがフィリピン最初の自治体として制定。2018年で447周年を迎えます。様々な記念行事が催されます。
祝日となる地方:マニラ
2018年6月30日(土)フィリピン・スペイン友好記念日 / Filipino-Spanish Friendship Day
フィリピンとスペインとの繋がりをつながりを祝う日です。フィリピン最初の大統領エミリオ・アギナルド将軍が、現在はサーフィンのメッカとして知られるルソン島バレル(Baler)の教会に包囲したスペイン軍兵士を友好的に取り扱ったことに由来して、2003年6月30日に制定されました。

2018年7月の祝祭日/記念日

2018年7月4日(水)フィリピン・アメリカ友好記念日 / Filipino-American Friendship Day
以前は、1946年7月4日にフィリピン共和国がアメリカから独立した「独立記念日」でしたが、1964年からは6月12日が「独立記念日」となり、7月4日はフィリピン・アメリカ友好記念日となっています。

2018年8月の祝祭日/記念日

2018年8月6日(月)セブ州創立記念日 / Cebu Provincial Charter Day
セブ州の創立を祝うセブ州の祝日です。2018年で449周年を迎えます。
祝日となる地方:セブ州(セブ市、ラプラプ、ダナオ、トレド)
2018年8月21日(火)ニノイ・アキノ・デー / Ninoy Aquino Day / Araw ng Kabayanihan ni Ninoy Aquino
1983年8月21日、ニノイ・アキノ氏(Benigno S. "Ninoy" Aquino, Jr.)が、3年に及んだアメリカ亡命生活からフィリピンに帰国しようとした際、マニラ空港で射殺されたことを悼む日です。特別に祝日となります。
2018年8月22日(水)・23日(木)メッカ巡礼祭 / Eidul Adha / Araw ng Pag-alay
イスラム教の宗教的な祝日です。イスラム世界でイード・アル=アドハー / Eid Al-Adhaと呼ばれ、ヒジュラ暦の12月10日からメッカに向かって歩く巡礼の時です。日本では犠牲祭とも呼ばれています。イスラム世界では2018年8月22日(水)に祝いますが、フィリピンでは日付が変わる可能性もあります。
2018年8月27日(月)英雄の日 / National Heroe's Day / Araw ng mga Bayani
フィリピン独立に寄与した英雄たちを称える祝日です。8月の最後の月曜日となっているため、毎年、日付が変わります。

2018年9月の祝祭日/記念日

2018年9月1日(土)バギオ・デー / Baguio Charter Day
109周年を迎えるバギオ市創立記念日。前後してバギオ市では様々なイベントが開催されます。
祝日となる地方:バギオ
2018年9月9日(日)オスメニア・デー / Osmena Day
セブ出身の政治家で、第4代フィリピン大統領となったセルジオ・オスメニア(Sergio Osmena y Suico / 1878年9月9日~1961年10月19日)の生誕を祝うセブの祝日です。
祝日となる地方:セブ
2018年9月24日(月)秋分の日 / Autumnal Equinox Day

2018年10月の祝祭日/記念日

2018年10月19日(金)バコロド市創立記念日 / Bacolod City Charter Day
バコロド市創立記念日。以前は年6月18日でしたが、2016年から10月19日に変わっています。バコロド市の祝日。
祝日となる地方:バコロド市
2018年10月31日(水)ハロウィン / Halloween
ハロウィンは、カトリックの万聖節(諸聖人の日)の前の晩に行われるキリスト教圏の伝統行事です。もちろんフィリピンでも、仮装した人々を沢山、見かけることができます。フィリピンでも日本のアニメは非常に人気があるので、人気アニメの仮装、コスプレなどを目にすることも!

2018年11月の祝祭日/記念日

2018年11月1日(木)諸聖人の日 / All Saints Day / Todos los Santos
キリスト教で全ての聖人と殉教者を記念する日で、日本では「万聖節」とも言われています。翌日の「死者の記念日」と合わせて、ちょうど日本のお盆のように「お墓参りの日」となっています。 そのため、首都メトロ・マニラから地方へ帰省ラッシュが繰り広げられます。 この期間、フィリピンを旅行される方は移動に注意が必要です。特別に祝日扱いとなります。
2018年11月2日(金)死者の記念日 / All Souls Day / Araw ng mga Patay
万聖節の翌日、カトリックでは、すべての死者の魂を悼む日となっています。2018年は特別に国の祝日となっています。
2018年11月5日(月)ネグロス・デ- / Negros Day
1989年のフィリピン革命の中、1898年11月5日に、ネグロス島民が立ち上がり、ネグロス・オクシデンタルにおけるスペイン支配が終わりを告げた「ネグロス革命」を祝う祝日です。
祝日となる地方:西ネグロス州(Negros Occidental)
2018年11月30日(金)ボニファシオ・デー(ボニファショ誕生記念日) / Bonifacio Day / Araw ni Andres Bonifacio
1892年にフィリピンの革命と独立を目指した政治組織「カティプナン」(Katipunan)を創設たフィリピン独立の英雄の一人、アンドレス・ボニファシオ(1863年11月30日~1897年5月10日)の生誕を祝う日です。

2018年12月の祝祭日/記念日

2018年12月11日(金)パンパンガ・デー / Pampanga Day
ルソン島中部にあるパンパンガ州の祝日。
祝日となる地方:パンパンガ州
2018年12月16日(日)~2018年1月6日(土)クリスマス・シーズン / Christmas Season
フィリピンでは「berが付けばクリスマス・シーズン」とよく言われます。 つまり、September(9月)からという意味です。いくらなんでも早すぎでは?と思いますが、9月からクリスマス・ソングが解禁となり、街ではクリスマス・ソングが流れ始め、クリスマスの到来を心待ちにするようになります。 さて、実際のクリスマス・シーズンは12月16日(日)から12月24日(月)までの9日間です。この期間は「雄鶏のミサ」(Misa de Gallo / Simbang Gabi)と呼ばれる特別な早朝ミサが始まります。 そして、年が明けても2019年1月6日(日)の三賢者祭り(Feast of the Three Kings)までクリスマスの雰囲気が続きます!
2018年12月18日(火)ロペス・ジャエナ・デー / Lopez Jaena Day
ホセ・リサールらと共にスペインの植民地支配に抵抗する文筆活動などを行ったナショナル・ヒーローの一人、イロイロ市出身のロペス・ジャエナ(1856年12月18日~1896年1月20日)の生誕を祝う祝日です。
祝日となる地方:イロイロ州
2018年12月24日(月)クリスマス・イブ / Christmas Eve / Araw ng Pasko / Notsebuwena
クリスマス・イブは、多くの信者が教会に詰め掛け、25日午前0時はイエスの降誕を祝う「贈り物のミサ」が行われ、クリスマスのクライマックスを迎えます。
2018年は、恐らく連休を作り出すため、特別に国の祝日となっています。
2018年12月25日(火)クリスマス / Christmas / Araw ng Pasko / Notsebuwena
フィリピン最大の祭日といえば、やはりこのクリスマス!!!
2018年12月30日(日)リサール記念日 / Rizal Day / Araw ni Jose Rizal
フィリピン独立の英雄、ホセ・リサール(1861年6月19日~1896年12月30日)がスペイン官憲の手により、「暴動の扇動容疑」で1896年12月30日に銃殺刑にされたことを悼む日です。マニラ湾を見渡すことができる処刑地は、現在、リサール公園(ルネタ公園)となっています。
2018年12月31日(月)大晦日 / New Year's Eve / Bisperas ng Bagong Tao
大晦日も特別に祝日扱いとなります。クリスチャンは家族揃って「Midnight Mass」と呼ばれる特別なミサに出て、新年を家族、親戚が集っている家庭で迎えるのが一般的です。街では花火や爆竹の音が派手に鳴り響きわたります。大量の花火や爆竹で邪気を払う意味があるそうですが、毎年、手の指などを吹き飛ばしてしまい、病院に担ぎこまれる人が後を絶ちません。気をつけたいですね!