札幌-マニラ間 発着ダイヤ/スケジュール

新型コロナウイルス感染の拡大に伴う影響

新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、世界各国・地域で入国・入域制限が行われています。また旅行需要の低下から、各航空会社のフライトの多くが欠航・減便・運休しています。必ず航空会社のサイトなどでご確認下さい。

日本航空(JAL)

新型コロナウイルス感染の拡大に伴う日本航空のフライトの運休、減便、時間変更、及び航空券の変更・払い戻しなどについては以下を参照。

参照 新型コロナウイルス肺炎に関する航空券の特別対応や各種対応について

全日本空輸(ANA)

全日本空輸の国内線・国際線路線・便数計画の変更や入国制限等については、以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 新型コロナウイルス感染拡大防止のための対応について - ANA

全日本空輸の航空券の払い戻し(特別対応)と搭乗日の変更(特別対応)については、以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 新型コロナウィルスによる肺炎の発生に伴う国際航空券の特別対応について - ANA

フィリピン航空

フィリピン航空は、国際線と国内線の全路線を2020年5月15日(金)まで運休。

運休便の予約客には、トラベルバウチャーへの変更もしくは手数料なしでの日程変更、払い戻しを案内しています。

2020年5月16日(土)以降は、フィリピン政府や国際機関により公衆衛生の状況や旅行環境が保証され次第、運行を再開するとしています。

フィリピン航空の公式サイトの「お知らせ・ご案内」で随時、情報が更新されています。

参照 お知らせ・ご案内 - フィリピン航空

追記
フィリピン航空は2020年6月から順次、国際線と国内線の運航を再開する、としています。

日本発着路線は、6月22日(月)より、東京(羽田)⇔マニラ線を月・水・金・日の週4便体制で運航。大阪(関空)⇔マニラ線は月・木・日の週3便体制、名古屋(中部国際)⇔マニラ線は月・金の週2便体制で運航する、とアナウンスしています。
参照 Starting June 2020, Philippine Airlines will resume operating scheduled flights on selected international and domestic routes - フィリピン航空

セブ・パシフィック航空

新型コロナウィルス感染拡大に伴うフィリピン政府のルソン島閉鎖等を受けて、2020年3月19日(木)~4月14日(火)の期間、セブ・パシフィック航空、およびセブ・ゴーの全便が運航休止。

※運休期間は2020年5月15日(金)まで延長されています。

運休便の航空チケットに関しては、変更手数料、および差額金の支払い不要で再予約が可能です。

また、支払い金額と同等のトラベル・ファンドへの引き換え、あるいは全額の払い戻しも可能です。

各路線のフライト運航最終日やフライトの運航中止に関する特別対応の詳細は以下のページを参照。

参照 セブ・パシフィック航空および、セブ・ゴー全運航便の 新型コロナウィルス(COVID-19)の影響による停止について

追記
セブパシフィック航空は2020年6月2日(火)より、フィリピン国内線の運航を再開します。セブパシフィック航空、および子会社のセブゴーはマニラとクラークを拠点にフィリピン国内23都市への運航を再開。全ての乗客はマスク着用が義務化されています。
なお、国際線は2020年6月30日(火)まで運休予定。

参照 セブ・パシフィック航空および、セブ・ゴー全運航便の 新型コロナウィルス(COVID-19)の影響による停止について

ジェットスター

ジェットスターの国内線(ジェットスター・ジャパン)・国際線((ジェットスター・ジャパン、およびジェットスター・アジア)の運休情報、航空券の特別対応の詳細については以下のページを参照。

参照 重要なお知らせ(日本語)

エアアジア

新型コロナウイルス感染症の影響によるエアアジア・グループのフライトの運休等については、ニュースページで随時、情報が更新されています。

参照 AIRASIA NEWS(日本語)

新千歳空港 - マニラ間 直行便フライトについて

札幌(新千歳)とマニラとの間は、北海道とフィリピンとの間を結ぶ初の路線としてフィリピン航空が2018年12月7日(金)から直行便を運航しています。

運航スケジュールは、月・水・金の週3便体制。使用機材はA321neo(ビジネス12席、エコノミー156席)です。

マニラのニノイ・アキノ国際空港における発着はターミナル2となります。

新千歳空港からマニラまで直行便のフライト所要時間は、往路が5時間45分、復路は5時間が目安です。

以下、直行便のフライトスケジュールを表組みしてみました。 時刻は全て現地時刻です。日本とフィリピンとの間には、マイナス1時間の時差があります。

夏期ダイヤと冬期ダイヤ

フライトスケジュールは、大まかに夏期スケジュールと冬期スケジュールとに分けられます。

夏期スケジュールは、3月最終日曜日~10月最終日曜日の直前の土曜日までの7か月間です。

冬期スケジュールは、10月最終日曜日~翌年3月の最終日曜日直前の土曜日までの5か月間です。

なお、期間中でも随時、フライトスケジュールに変更があります。必ず各航空会社でご確認下さい。

札幌-マニラ間 直行便フライト時刻表 / 2020年3月29日(日)~2020年10月24日(土)夏期ダイヤ

新千歳空港 ⇒ ニノイ・アキノ国際空港

出発日 便名 出発時刻 到着時刻 コードシェア等
月水金 フィリピン航空 PR405便 札幌 09:45発 マニラ 14:30着 NH5315便

ニノイ・アキノ国際空港 ⇒ 新千歳空港

出発日 便名 出発時刻 到着時刻 コードシェア等
月水金 フィリピン航空 PR406便 マニラ 01:50発 札幌 07:50着 NH5316便

ニノイ・アキノ国際空港:航空会社ごとの使用ターミナル

ターミナル1
日本航空をはじめ、ジェットスター・アジア(Jetstar Asia)およびジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)が発着。往路はターミナル1の2Fに到着、復路はターミナル1の3Fから出発します。
その他、マニラに乗り入れている外国の航空会社の多くが発着しています。
ターミナル2
フィリピン航空と、その子会社であるPALエクスプレス専用となっており、日本とマニラを結ぶフィリピン航空の便もターミナル2に発着します。
※フィリピン航空とPALエクスプレスのフィリピン国内線は、ターミナル2だけでなく、ターミナル3も使用しています。
ターミナル3
全日空、セブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)の国際線・国内線、デルタ航空が発着。

航空会社オフィシャル・サイトと航空会社コード

※フィリピン国内線の航空会社は、フィリピン国内線 航空会社 ページを参照。

海外格安航空券のオンライン予約サイト<フリーバード>
搭乗日、出発地、到着地、航空会社、出発時間、座席クラスから世界中のフライトスケジュールを照会できる優れものサイトです。
エイビーロード
海外格安航空券の「空席紹介・予約・購入」が24時間、出発前日まで可能! オンライン予約が24時間、出発前日まで可能な海外航空券、格安航空券の検索・予約サイトです。

空港を確認しよう

新千歳空港ターミナルビル
新千歳空港の公式サイトに、 フライト情報、ターミナル案内、国際線利用、接続交通機関アクセスなどの 情報が掲載されています。
Ninoy Aquino International Airportt
ニノイ・アキノ国際空港の公式サイト。
Manila International Airport Authority
ニノイ・アキノ国際空港を運営するManila International Airport Authority (MIAA)の公式サイトに、各ターミナルの詳細な地図がアップされています。
Mactan-Cebu International Airport
Wordpressで作成されたマクタン・セブ国際空港の公式サイト。
Clark International Airport(クラーク国際空港)
クラーク国際空港の公式サイト。フライトスケジュール、交通機関情報、など。
マニラ(ニノイ・アキノ)国際空港 - JAL国際線
日本航空の公式サイト内の「マニラ(ニノイ・アキノ)国際空港」に、日本航空が使用するマニラ(ニノイ・アキノ)国際空港のターミナル1のフロアマップを含む、出入国情報の詳細な情報が掲載されています。
マニラ-ニノイ・アキノ国際空港の施設案内 - 全日空
全日空の公式サイトの「マニラ-ニノイ・アキノ国際空港の施設案内」ページに、 入国、出国、乗り継ぎに関する情報や、全日空が使用するマニラ(ニノイ・アキノ)国際空港のターミナル3のフロアマップが掲載されています。

※フィリピン国内線の航空会社は、フィリピン国内線 航空会社 ページを参照。