フィリピンらしさ全開の「アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ(I Do Bidoo Bidoo)」が第8回大阪アジアン映画祭に登場。

ミュージカル・コメディ映画「アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ(I Do Bidoo Bidoo)」@第8回大阪アジアン映画祭/2013年3月8日(金)~17日(日)

2013年3月8日(金)~17日(日)の期間、「大阪アジアン映画祭2013」が、ABC ホール(大阪・福島)、大阪歴史博物館(谷町四丁目)、梅田ブルク7(梅田)、梅田ガーデンシネマ(梅田)、シネ・ヌーヴォ(九条)などを会場に開催されます!

「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」をテーマとして開催されてきた「大阪アジアン映画祭」。今年も、アジア映画最新作のコンペティション部門、特別招待部門、そして特集企画などを主な柱に開催されます。

さて、気になるフィリピン関連映画としてはコンペティション部門にて、 ミュージカル・コメディ作品「アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ / I Do Bidoo Bidoo」が上映されます。 それにしても、「I Do Bidoo Bidoo」というタイトルからして、いかにもフィリピンらしいですね (^_^;

「アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ / I Do Bidoo Bidoo」の概要と上映スケジュール

「アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ / I Do Bidoo Bidoo」は、 大阪アジアン映画祭の公式サイトの作品紹介には、

『100』『浄化槽の貴婦人』でOAFFにはおなじみの奇才監督&ベテラン女優コンビの最新作は、なんとミュージカル! フィリピンのビートルズと呼ばれるバンドAPO Hiking Societyの懐メロ的ヒット曲が全編に流れる本作は、フィリピン版『マンマ・ミーア!』の趣。家族の人間模様を描く、笑いと涙と愛に満ちた物語。最後はあなたも大合唱!?

とあります。

Youtubeにアップされている公式予告編を見てみると・・・・ナナナント、1980年代から1990年代にかけて絶大な人気を誇ったガリー・ヴァレンシアーノ、ベテラン女性シンガー、シャシャ・パディリア、さらには人気コメディアン兼シンガーのオギー・アルカシッドなどなど、フィリピンのエンタメ界の錚々たるスターが出演!

興味をそそられて、同映画のフィリピン製作会社、Studio 5&Unitel Productionsの公式サイト、 I do! | idobidoobidoo を見ると、同映画のYoutube公式チャンネルも紹介されていました。

お金持ちのお嬢様と庶民的な家の青年とのカップルを軸に、 様々な困難を乗り越えて結婚する姿を、音楽あり、ダンスあり、お涙あり、笑いあり、のいかにもフィリピンらしいテイスト全開で描いたウェディング・ミュージカル・コメディ映画といったテイストです。

それにしても、予告編などの関連動画ファイルを見るほどに「あ~、ほんっとにフィリピン・テイスト!」と思わずニンマリしてしまいました。管理人は、残念ながら関東在住のため大阪アジアン映画祭のラインナップを見ることができませんが・・・・。

大阪近辺の方が羨ましいです(T_T)

「I Do Bidoo Bidoo」の予告編動画ファイル

公式予告編です。

ガリー・ヴァレンシアーノをフィーチャーした同映画へのお誘い動画です。 それにしても、依然として若々しいですね!

オギー・アルカシッドのI Do Bidoo Bidoo音楽ビデオクリップです。

I DO BIDOO BIDOOのYoutube公式チャンネル:  I DO BIDOO BIDOOには、この他、多数の関連動画ファイルがアップされています。

[ 「アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ / I Do Bidoo Bidoo」作品データ

タイトル
アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ / I Do Bidoo Bidoo
制作
2012年、フィリピン。タガログ語、英語。字幕:日本語、英語。
上映時間
121分
監督
クリス・マルティネス
出演
サム・コンセプション、ユージン・ドミンゴ、ガリー・ヴァレンシアーノ、シャ・シャ・パディリア、オギー・アルカシッド、ティッピー・ドス・サントス、他。
上映スケジュール
3月13日(水)18:30~ 梅田ブルク7
※クリス・マルティネス監督 舞台挨拶が予定されています。
3月15日(金)20:40~ シネ・ヌーヴォ
※クリス・マルティネス監督 舞台挨拶が予定されています。

様々な関連イベントも開催!

大阪アジアン映画祭では、関連企画・イベントも多数、開催されます。 アジア諸国の映画人をパネリストに迎えての「特別シンポジウム」、大阪ゆかりの映画の上映や大阪の映画人・映画ファンが選んだベストテン発表および表彰式を行う「おおさかシネマフェスティバル~映画ファンのための映画まつり~」などなど。

関連イベントもいろいろと有り! 例えば、2013年2月18日(月)~3月31日(日)の期間、第8回大阪アジアン映画祭開催と協賛して、大阪の大型書店「MARUZEN & JUNKUDO 梅田店」で「アジア映画ブックフェア」が開催されます。世界から注目されているアジア映画の多様かつ多彩な魅力を伝えるアジア映画の関連書籍が一堂に会します。また、過去の大阪アジアン映画祭公式カタログも販売するそうです。

大阪アジアン映画祭2013の概要

  • 開催期間:2013年3月8日(金)~17日(日)
  • 会場: 梅田ブルク7(梅田) TEL.06-4795-7602
    梅田ガーデンシネマ(梅田)TEL.06-6440-5977
    シネ・ヌーヴォ(九条)TEL.06-6311-1416
    第七藝術劇場(十三)TEL.06-6302-2073
    プラネット・スタジオ・プラス・ワン(梅田・中崎町)TEL. 06-6377-0023
    大阪歴史博物館(谷町四丁目)TEL.06-6946-5728
    ABCホール(福島)TEL.06-6451-6573
    大阪市中央公会堂(中之島・淀屋橋)TEL.06-6208-2003
  • 前売りチケット: 2月9日(土)10:00から 電子チケットぴあ
    電話予約(TEL 0570-02-9999)のほか、全国のチケットぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクスにて前売券が販売開始。 チケットに関すいる詳細は 電子チケット情報にて。
  • 主催: 大阪映像文化振興事業実行委員会
  • 大阪アジアン映画祭公式サイト:大阪アジアン映画祭に、映画祭の概要、上映作品、上映スケジュール、料金など詳細な情報が掲載されています。
  • 大阪アジアン映画祭事務局ツイッターアカウント:  @oaffpress
  • 大阪アジアン映画祭 Facebook